シニア猫にお勧めなシンプリーキャットフードを大解剖!

キャットフードを変更する際に注意したいこと

ここでは、キャットフードを上手に変える方法、
特に今までお使いのキャットフードからシンプリーキャットフードにうまく移行するコツをお話していこうと思います。

 

現在お使いのフードからシンプリーに切り替える場合、食べ慣れたフードにシンプリーを少しずつ混ぜ、少なくとも7日間ほどかけてゆっくり慣らしていくようにしてください。

 

1日目は、シンプリーを25%、もとのフード75%の比率で、3日目は50%、5日目は75%、7日目は100%シンプリーを与えるようにします。

 

通常、猫には1日2回の給餌が必要ですので、イメージとしては2日(4回分)ずつ段階を経て変更するといった具合です。

 

 

しかし、これはあくまでも目安に過ぎません。
急にフードを変えると、一時的におなかを壊すこともありますので、愛猫の様子を見ながら調節してください。

 

ボウルに毎日新しい水を入れ、常に新鮮できれいな水が飲めるようにしておくことも大事なポイントです。

 

前回までのフードを使い切ってから、新しいフードを与えるやり方は、極力避けるようにしてあげてくださいね。

 

また、シンプリーの場合は栄養量が(大抵の場合)今まで与えていたフードの半分で済みます。
ですから、猫的には「半分じゃ、お腹いっぱいにならないにゃん」と訴えて来るかも知れません。

 

この点は、さすがにいきなり半分!では可愛そうなので、徐々に適量になるように調節してあげてくださいね。
(シンプリーに慣れてからで問題ないでしょう)

 

適量の目安は、サイト内記事>シンプリーキャットフード給餌量をご覧ください。

 

まぁ、なんにせよ。
猫ちゃんの様子をしっかりと観察していれば、
何を要求しているか?は、容易に分かるはずです。

 

愛を持って、しっかりと見守ってあげましょう。

 

「あっ、多分、この子、シンプリー大好きだわ」

 

・・・なんてことにも、気がついてあげてくださいね♪

 

シンプリーキャットフード



 


 
トップページ シンプリー特徴・成分 シンプリーVSカナガン比較 キャットフード人気ランキング