シニア猫にお勧めなシンプリーキャットフードを大解剖!

シンプリーキャットフードの給餌量について解説します

ここでは、シンプリーキャットフードの給餌量についてお答えしたいと思います。

 

猫には個体差があり、年齢・活動量・代謝・住環境などに応じて、適切な給与量は大きく異なります。
まずは給与量の下限から始め、適宜調節していくことをお勧めします。
●太りぎみの愛猫の場合 → 10%減らす
●痩せぎみの愛猫の場合 → 10%増やす
適正体重になるまで上記の調節を続けてください。

 

下図表を見て参考にしてください。
表の給与量・給餌量は、1日分表記です。
1回に与える量は半分ですのでご注意ください。

 

シンプリー1袋は1.5kgなので、毎日50gずつ与えた場合30日分(およそ1ヶ月)となります。

 

 

太り過ぎ、痩せ過ぎ、平均など体重によって、また、年齢や個体差などもあるので目安としてお考えください。
旧来のキャットフードから一気に変更してしまうのは、止めてください。(徐々に慣らすようにしてあげてくださいね)
当サイト内>安全なキャットフードの切り替え方法を参考にしてくださいね。

 

また、老猫になると若い頃よりも、活動量が減り、それに伴い必要なカロリー量も減っていきます。
食欲が落ちたように感じて、不安になられると思いますが、それが正しい形です。
※但し、病気には注意が必要ですよ。
(急激な食事量の減少などは、獣医さんなどにご相談ください)

 

シンプリーキャットフード



 


 
トップページ シンプリー特徴・成分 シンプリーVSカナガン比較 キャットフード人気ランキング