シニア猫にお勧めなシンプリーキャットフードを大解剖!

キャットフードの危険な現状から目を背けないで!

多くの方が、思っているでしょう。
ご自宅でお使いのキャットフードは、安心して、我が家の猫ちゃんにあげられるフードだ!と。

 

そして、こう考えているはずです...

 

 

キャットフードなんてどれも一緒でしょ?
お買い得なキャットフードが一番!
国産のプレミアムフードを使っているから大丈夫!

 

 

・・・・・・と、上記のような勘違いをしていらっしゃる方は、
このままページを閉じて、この後も猫ちゃんと幸せに暮らしてください。

 

 

 

ですが、もし、あなたが愛猫の健康や寿命のことを考えて、
少しでも長く、元気に一緒に暮らしたい−と思うのなら、勇気を出して読み進めてください。

 

 

キャットフードの危険な現状を知ってからでは、後戻りできないのですから...

お宅でお使いのキャットフード...その裏面を今すぐご覧ください!

お宅でお使いのキャットフード。
そのパッケージの裏面を今すぐご確認ください。

 

そして、原材料表記に下記の素材が明記されていないか?をチェックしてみてください。
とうもろこし、小麦、大麦
○○由来成分(鶏肉由来成分)

 

もし、無かったのなら、おめでとうございます。
第一段階はクリアです。

 

「え?うちのに入ってんの?マジで!?ウソや〜ん...」

 

残念ながら、記載があった...というあなたも、
「うちは無かったもんねぇ〜(笑)というあなたも、
これから、ちょっとショッキングはお話をしなくてはなりません。

 

ペットフード業界−人間と同じではありません

キャットフードやドッグフード。
いわゆる、ペットフードと呼ばれる業界は、ここ最近こそ見直されて来ましたが、
それでも、人間の食品業界と比較すると、遅れていると言わざるを得ません。

 

例えば、先に述べた「とうもろこし」や「小麦」といった穀物は、
元来、猫は食べずに生活してきたため、分解する酵素を持ち合わせておりません。

 

・・・にも、関わらず、キャットフードに使われているのは、なぜでしょうか?

 

○○由来成分、例えば鶏由来成分という表記や、油分。

 

これらは、鶏をまるごと粉砕したもの(鶏の羽根だけでなく糞尿まで混入している場合も!)ですし、
油分というのも、人間の食品業界で使わなくなった廃油を再利用しているという事実。

 

・・・人間の食品業界が廃棄するものを、キャットフードに使用するのは、なぜでしょうか?

 

 

うん、残念ながらすべて利益追求のため。
そして、その責任が飼い主さんたちに無いとも言い切れません。

 

 

だって、多くの飼い主さんは、求めてますよね?

 

特売、安売り、お買い得なキャットフードを−。

 

そういった消費者のニーズに応えるのが企業の仕事ですから、仕方ありません。

 

 

でも、それって「本当に仕方ない」話なんでしょうかね?


愛猫と20年健康に暮らすために...

実は、日本製のドライフードは、そのほとんどすべてが、
残念ながら、旧態依然としており、
革新的な、猫ちゃんのことを考えた健康的なフードはありません。

大企業の資本力をもってすれば、
たくさんの広告出稿(TVや雑誌)も出来ます。

 

安く仕上げた分、たくさん売る必要もありますからね。

 

ですが、最近、風向きが変わりつつあります。

 

ネットの普及に伴い、
「本当に良い新しいもの」
「実はそれほどでもない以前からあるもの」が露呈してきたのです。

 

また、ネット広告は比較的安価な広告料で出稿できるメリットもあり、
小さい会社ながらも、猫ちゃんの健康を第一に考えたフードが世に広まりつつあります。

 

当サイトで一押しのシンプリーキャットフードも、
イギリスからやって来た愛猫の健康を第一に考えたフードです。

 

わざわざ、イギリスから取り寄せなくてはならない理由を、
あなたも一緒に考えていただけたら、とても嬉しいです。

 

シンプリーキャットフード



 
 
 
トップページ シンプリー特徴・成分 シンプリーVSカナガン比較 キャットフード人気ランキング